三連休明けの初日。
先週は地震による影響を考え、
念のため山の川に入るのを自粛していましたが、
今日から解禁。
真夏日の今日も川遊び日和です。
c0380279_20245565.jpg
集合場所から山までの道。
この道、大人にとってはただただ暑く、
なるべく早く山に入って涼みたいと思う道なんです。
だがしかし、
子どもたち、ここを歩くときは何故かたいてい、
まったりのんびりモード
c0380279_20302879.jpg
すぐにこうして座り込んで井戸端会議が始まります。
暑いからダレているからなのかと思いましたが、
そんな感じではなく、こののんびりモードを楽しんでいる模様。
三連休明けでスイッチが入っていないのかとも思いましたが、
今日に限らず、この道を歩くときはほとんどがのんびりスタイル。
やまぼうしの七不思議のひとつです。
c0380279_20322988.jpg
1時間かけて、川にたどり着くとすぐにつぼみちゃんたちも合流。
山はやっぱり涼しくて、川はやっぱり冷たかったです。
でも、ようやくバシャバシャと浸かっても寒くはないほどに。
今日は撮影クルーも同行です。
今度、移住交流会に参加するのですが、その宣伝にと、CMの撮影に来てくれました。
(詳細が決まり次第、ご報告します)
上流に登る子。
おままごとをする子。
カニを捕まえる子。
僕は上流に一緒に行きましたが、
以前見つけたプールの場所。
今日は、じゃばん!と飛びこんで遊びました。
c0380279_20371563.jpg
昼食前ですが、スイカをみんなで分けて食べました。
川で食べるスイカはとびっきり。
苦手と言っていた彼も、きれいに食べていました。
食べ終わった皮を川できれいに洗ったり、
捕まえたカニにあげたりと、スイカの皮まで遊び道具に。
c0380279_20383478.jpg
昼食後は、またそれぞれの遊びに。
僕は男子二人とまた上流に。
今度は行けるとこまで行こうと、今まで行った以上に遡上しました。
シャワークライミングさながら、飛沫をあげる岩をよじ登り、
どのルートで行くのかを考え、
最後は滝が落ちる滝壺のようなところまでたどり着きました。
それでも、
「こっちから行けるかも」
と滝に登ろうとする彼。でもさすがに無理だったみたい。
時間も時間だったので、帰りに誘うと、
そこは案外すんなりと。
みんなのもとへたどり着いた頃にはヘロヘロでした。
他の子も3連休明けでハードに遊びすぎたようで、
帰りはちょっとグズグスのやまぼっこたちでした。

今日の絵本
五味太郎『ぽぽぽぽぽ』
工藤ノリコ『ノラネコぐんだん そらをとぶ』
かがくいひろし『もくもくやかん』

・・・たける・・・

[PR]
# by yamaboushi2017 | 2018-07-17 20:45 | やまぼうしクラス | Comments(0)

週の最後はごはんつくり
今日は特別サービス週間。
なんと、2日連続りょうこさんDayです。
彼はウハウハでしょう。
c0380279_19423202.jpg
まずは畑で水やり。でも子どもたちはもうあまり興味がないよう。
彼女だけがホースで水やりをしてくれました。
水やりを終えて、やまぼうしの家へ。
c0380279_19435026.jpg
今日は味噌汁はなしで、
白米と焼きものです。
初めてのご飯作りに参加のりょうこさん。
子どもたちが色々と教えていました。
お米洗いはお手の物。
野菜切りも慣れたもの。
火の煙が嫌いな彼はゴーグルをつけて、
「これで痛くないぜぇ」
と得意げ。
c0380279_19461830.jpg
久しぶりに火付けに誘うと、やる気満々。
以前に火をつけて、熱かったのが怖かったようで、
しばらく「やらない」と言っていた彼。
マッチをこすって火がつくと、やはりパッと手を離します。
それでも何度も火をつけます。
僕にマッチの箱を持たせて、つけようとします。
自分で持ったほうがやりやすいと伝えると、
「違う。こっちの手でこうしたいから」と。
そう、彼はマッチに火をつけるだけではなく、次のステップとして、
ついた火が風で消えないように手で覆いたいのです。
そして、ついに!
彼は火のついたマッチを投げ捨てず、持ったまま逆の手で火を風から守ることができました。
それまでの「やらない」は次のステップに行くまでのちからを蓄える必要期間だったのでしょう。
子どもの「やらない」は消極的に見えてその裏には積極性が潜んでいる。
c0380279_21124918.jpg
お昼ごはんの準備ができて、後は焼きあがるのを待つだけ。
その間にダンボール遊び。
遊ぶ前にニホントカゲが現れました。
みんなで協力して捕獲を目指します。
まるで追い込み漁。
「そっち行ったぁ」
「こっちこっち」
威勢のよい声があがります。
結局、逃げられてしまいますが、とても楽しかったよう。
その後のダンボール遊びでも、
c0380279_21145831.jpg
ニホントカゲの絵を書いて、
子どもら3人で何やら盛り上がりながらお話していました。

さて、みんなでおいしいお昼ごはんを食べたあとは、
c0380279_21153618.jpg
プール遊びです。
はじめは3人で入っていたのですが、
すぐに彼は「着替えるぅ」と出ちゃいました。
そして始めたのは
c0380279_21163960.jpg
もちろんダンボール遊び。笑。
彼、この遊び大好きなんです。
お母さんから、家ではなかなかひとつの遊びにはまることがないけど、
こんなにダンボール遊びにハマるなんて嬉しいですとのお言葉。
ダンボール遊びをしている彼の集中力。
それはもうすばらしいものです。
まさに、好きこそものの上手なれ。
c0380279_21191417.jpg
でもまた水着に着替えて、みんなと水遊び。
お庭で捕まえたカエルにミミズをあげているところです。

たっぷり遊んで、帰る時間。
大雨でしばらく休みの後の週五日のやまぼうし。
週末もうヘロヘロです。
年少の二人は眠たくて眠たくて。
そんな中、年中の彼は自分ひとりで着替えて、後片付けをして、準備万端。
失礼ですが、決してそのようなタイプの彼ではなかったのです。
どちらかと言えば、甘えたな彼。
そんな彼、最近年中の自覚が出てきたのか、
このような姿を見せてくれるように。
決して急かしませんが、もちろん成長は嬉しいものです。

家を出発してもヘロヘロな年少ふたり。
集合場所までの坂道。
もう歩けなくなってしまいました。
えぇい!仕方がない。
わたくし、二人を担いで坂を登らさせていただきました。
もう息が切れて死にそうでした。
登りきったあと、座り込む僕に、抱っこされたいた彼が、
僕を持ち上げようとしてくれました。
ありがとう。
今週もみんなお疲れ様。
また来週、楽しもうね。

今日の絵本
長谷川義史『名古屋うみゃあもんのうた』
作:中川ひろたか 絵:長新太『ないた』
文:谷口國博 絵:村上康成『スダジイのなつ』

・・・たける・・・

[PR]
# by yamaboushi2017 | 2018-07-13 21:31 | やまぼうしクラス | Comments(0)

木曜日のりょうこさんDay。
大雨もあって久しぶりの再開です。
c0380279_20541774.jpg
集合場所へ来る前に
「みんなに見せる!」
と持って来た『生き物飼い方図鑑』
子どもたち、すごい食いつきで、
「これは、こうするねんで」
「そうそう」
などとお話しながら、長いこと見てました。
お母さんたちと見守りながら、
「載ってる生き物が全部身近な生き物だから面白いんでしょうね」
そうなんですよね。ただ単に知識としてではなく、
五感で知った実体験を踏まえてからの知識。
だからこそ興味が湧き、だからこそ身につくのでしょう。
c0380279_20583855.jpg
ようやく出発です。
今日は川遊びの前に少しお散歩。
暑いから嫌がるかなぁと思っていたら、
意外と子どもたち、楽しそうに歩きはじめます。
のんびりお話したり、虫とったり。
川遊びが多くて、お散歩は久しぶり。
やっぱりお散歩、好きなんですね。
c0380279_21010677.jpg
と、やはりケンカ勃発・・・笑。
男の子ふたりが肩から下げているもの。
今朝、僕と娘が牛乳パックで作った箱めがね(水底を見るやつ)なんです。
作成時、他の子のやつに肩紐をつけていると
「私のはいらない」
と言うので、肩紐つけなかったんですが、
「私も肩紐のやつがいいぃ」
と怒り出しました。
男子ふたりは先に行ってしまい、
娘も、おそらく自分が肩紐いらないと言ったことは覚えているようで、
あまり強くは出れず、りょうこさんと後ろからあるきながら、
フガフガと言うておりました。
うぅん、やっぱり暑いしイライラもするのかなぁ。
早く川に行こう!と思っていると、
c0380279_21072524.jpg
何やら発見。
みんなでちからを合わせて引っこ抜きます。
c0380279_21081985.jpg
こぉんなに長いツルをゲットです。
ここから、男子たちは電車ごっこ。
女子は何やら草集めがはじまり、
なかなか進みません。
僕は暑さに負けて、早く川に入りたいばかりに先に誘いますが、
子どもたちは、ぜんっぜん意に介さず。
じっくりとお散歩を楽しまれていました。
c0380279_21100610.jpg
で、ようやく川です。
すでにつぼみちゃんたちが遊んでいました。
昨日に引き続き、水量は強めでした。
ワニになったり、イルカになったり。
今日はつぼみちゃんのじいじとばあばも見学に来てくれました。
わざわざ足を運んでいただきありがとうございます。
得たいの知れない私たちですが、こうして活動を見てもらい、
お孫ちゃんの姿を見てもらえたら、良さが分かってもらえると自負しております。
ぜひぜひ、他のご家族のじいじとばあばもご見学ください。
c0380279_21110291.jpg
つぼみちゃんもおおはしゃぎ。
走りまくります。
つぼみちゃんの男の子、昨日の娘のように川にどぼんとはまること3回。
それでも負けじと遊びまくっていました。
娘も昨日に引き続き、顔からダイブ。
でも慣れてきたのか、抱きかかえたあとは、
きょとんとした顔で、
「鼻に水が入って痛かったぁ」
と笑っていました。
少しづつたくましくなります。
一度、溺れたりして、そこから危険だから川遊びは禁止となると、
怖い体験だけが残り、川や水が嫌いになるのではないかと。
その怖い体験をしても、それを上回る楽しいことをしていくから、
川も水も好きでいられるのではないかと。

しばらく遊んだあと、
気がつけば自然と3つのグループに分かれて。
c0380279_21120054.jpg
第1のグループ。
小さな生き物たちもたくさんいました。
エビにおたまじゃくし、どじょう、たにし。
c0380279_21124532.jpg
僕の作った箱メガネは全く役に立たずでしたが、
子どもたちと大人たちが協力して、
生き物を捕まえていました。
c0380279_21134498.jpg
第2のグループ。
二人はひたすら石で石を割っていました。
小さい石で割れないと、大きな石を持ってきて割る。
大きな石も指が挟まらないように扱う。
石の扱い方も様になってます。
c0380279_21152898.jpg
第3のグループ。
砂遊びをしていたのかな?
つぼみちゃんとやまぼっこの二人。
最近仲良しの異年齢コンビです。
彼、今日は用事でみんなより早く帰らないといけませんでした。
みんなと別れるのが、名残惜しい。
一人ひとりとタッチをして、
何度も何度も「ばいばい〜!」と手を降って。
愛らしいです。

どうでもいい話ですが、
川遊びの日は、
写真をばばばっと撮ったあとは、
僕も遊びに夢中になって、
後半の写真がほとんどないことが多いのです。
てなわけで、写真はネタ切れです。

このあとは、みんなでお昼ごはんを食べて、
またまた川遊び。
お昼からはツルを抜いて釣りごっこをしたり、
葉っぱを流して取る遊びをしたり、
案の定、「そろそろ・・・」
で「まだ帰りたくなぁい」
とお怒りでした。

来週からは山の川に行けるかな。
楽しみやね。

今日の絵本
長谷川義史『大阪うまいもんのうた』
杉田比呂美『なつさがし』

・・・たける・・・





[PR]
# by yamaboushi2017 | 2018-07-12 21:32 | やまぼうしクラス | Comments(0)

週の真ん中水曜日
そう、午前保育の日です

スタッフとしてはこの小休止が
体力温存できるので
本当に本当にありがたいのですが

こどもたちにとっては
物足らないDAY

先週「いやだー!帰りたくないー!」
を激しく頂戴しましたので
今日はおはようの会で
午前であることを念押しいたしました(笑)

ついでに今日は我が家の来客も参加です
「富ちゃん」よろしく~!

c0380279_23262068.jpg


人見知り発揮していた彼

すぐに「やさしいひと」だと
彼の敏感なアンテナが反応してくれて
川に着いた途端
水をかけあってうれしそう~

c0380279_23332095.jpg


急なお泊まり
急な参加だったので
装備は身軽だった富ちゃん
おかまいなしにびっちゃびちゃ
こどもと同じくらい楽しんでました

c0380279_23342867.jpg


さぁ
今回も川サーフィンの練習にはげむぞ!
と意気込んだものの…

ぜんっぜん藻がない!
すべらない!

ぴっかぴかに磨かれたみたい~
掃除されたのかな?と思ってましたが
もしかしたらあの激しい雨で
流れて磨かれたのかな…
どうなんでしょう~

c0380279_23362936.jpg


前回より水圧の強い流れ
それがまたおもしろい

足元に気をつけながら
こどもたちはたくましい

サーフィンできなくても
次から次へと
遊びを展開します

c0380279_23381192.jpg



しかし
お風呂みたいに入れる場所で
流れを楽しんでいた彼女が
頭から転覆!!

ひっくり返って
慌てて助けられました

すぐ近くに大人がいたからよかったものの
気付かずおぼれてしまったら…
と思うとヒヤッとしたわたし

水での事故はとっても浅いところでも起こり得るそうです
慣れてきた場所だからこそ
遊びも大胆になるし
大人にも隙がうまれます

毎度毎度
水遊びの際は気持ち引き締めないとなと
改めて思いました

c0380279_23430139.jpg


まだまだもぐるどころか
シャンプーですら
嫌がる彼女

とってもこわかっただろうなぁ

しばらく泣いていましたが
抱いてもらって安心したのか
それでも遊びたい


遊び方を変えて
ささやかに遊びを楽しんでおりました

c0380279_23485758.jpg



入ってみようか
ちょっとこわい

「こわい」って
自己を守るための大事な要素

ちょっとずつ
自分の心とからだと相談して
自分の楽しめる範囲で
楽しもうね~

なにも大胆に遊ぶばかりが遊びじゃない
水の流れを見ているだけでも
足先に感じているだけでも
十分です

前日前々日はプールだったので
プール遊びにはない魅力が
自然のものにはあるなぁを実感しました

c0380279_23525819.jpg


なんかいた!

c0380279_23532286.jpg



ふたり真剣にのぞき込んでます

c0380279_23540505.jpg



こんなところに大きなおたまじゃくし!

他にも
エビやタニシがいた~!
とうれしそうなのはお母さん

こんな出会いもあるから
自然っていいなぁ

c0380279_23555338.jpg


最後は
水の勢いで大きな石を転がして

c0380279_23570314.jpg



「そろそろ…」
と遠慮気味に声をかけにいった父ちゃん

「いや!」
いただきました

でも絵本はだいすきだから
ちゃんと帰ってきてくれます

ほぼ毎日絵本3冊
毎月60冊くらい読んでます
年間にしたら何冊になるんだろう~
500冊くらい読むのかな

今日もたっぷり遊んだこどもたちでした♪


今日の絵本

「ぺろちゅぱちゅー」
「おじいさんとうみ」
「いぬのおばけ」

長新太さんの本は
凡人のわたしの頭を
ときどき混乱させてくれます
こどもの頭も・・・(笑)


余談ですが
「富ちゃん」

わたしたちの結婚式をプロデュースした
フリーのプランナーさんです

プランナーさんとの出会いから始まり
0から決めていった結婚式でした

オリジナル婚がめっさめさブームの今
結婚式をあげていないご夫婦も
少なくないんですね

「想い」があること
そこに惹かれて選んだ富ちゃんです
じゃなかったら我が家も挙げてなかったかもしれないなぁ~


リアンマリアージュ
http://lian-mariage.com/

今は名古屋にSHOPも構える
やり手キャリアウーマンです
全然見えないけど(笑)
そこが魅力

余談でした☆


・・・じゅん・・・


[PR]
# by yamaboushi2017 | 2018-07-12 00:19 | やまぼうしクラス | Comments(0)

今日は畑からスタート

c0380279_22092974.jpg


大雨で畑の野菜や花たち
どうなってるかな?

暑くなって元気なくなってないかな?


と心配してるのは
大人の方で

c0380279_22101608.jpg


こどもたちは畑の生き物に夢中

水やりも今は水遊びが楽しい様子

いいのいいのそれで

畑は母ちゃんたちの楽しみでもあるのよ

なんと
綿の木もタデアイもひまわりも
どうやら鹿に食べられたり
虫に食べられたり

あさがおだけはしっかり葉が増えています

成長を喜んだり
やられてガクーンとなったりです

c0380279_22142545.jpg



なんとなんと
こどもたちが発見!

前に逃がしたかなへびちゃん
きっとそう!
たぶんそう…
そうと思ったらそう…かな

畑の恵み(クモやバッタ)をたっぷりいただいたのか
すくすく立派に成長していました
感動の再会です
たぶん

しばらく一緒に遊んで
「また会おうね~!」
「バイバーイ!」

きっとここの畑に住んでるだろうから
また会えるかな

このあとやまぼっこたちは竹林へ
とってもひさしぶり
崩れたところもなくまた遊べそうです

c0380279_22191821.jpg



さぁ今日もプール遊び!
今日はつぼみちゃんも一緒でうれしい♪

c0380279_22202927.jpg


お庭でかえるちゃんも発見
つぼみちゃん興味津々!
このあとプールで一緒に遊びました~


突然事件勃発

プールで思いっきり遊び相手になろうと
張りきった父ちゃん
(あおったのはわたしだったような苦笑)
なんだか逆鱗に触れてしまい…

「たける父ちゃんなんか嫌い!!」
「なんで水かけたんだ!!」

今日は全然許してもらえません

男たち徒党を組んで
たける父ちゃんを責め立てます
ひとりはときどき仲裁に入ろうとしますが
当の本人が気持ちおさまらないので
まずはそちらに寄り添うことにした様子

最近仲良しなふたりは
この件でさらに絆が深まり…

c0380279_22251884.jpg



肩を寄せ合うというか…
腹を寄せ合っておりました

ごはん食べて遊び再開して
やっと落ち着きはじめた頃


今度は
「ダンボール遊びがしたいーー!!」
別の雄叫びが

昨日からみんなでやりたいと話していたのに
プールに夢中なふたりが相手してくれず
不満が爆発!

前は自分の気持ちを伝えるのに
「ねぇ、〇〇ちゃんに~~してって言ってきて」
と人にお願いしていた彼が
今日は自分の力を最大限に引き出し
大爆発!

そのエネルギーがすごいね!と感心する母たちをよそに
ぜんっぜん目もくれず遊ぶふたり
さっきの深まった絆はなんだったのか(笑)
こどもの世界はときに残酷です(笑)

あれだけ言われても集中して遊べるってすごいね!
と感心する母たち

どーーーーしても
さっき意気投合した〇〇くんと遊びたい彼は
だいすきなつぼみちゃんの誘いにも乗らず
しばらく想いの丈をぶつけ続けます


時間も迫る中
やっぱり彼がハマったあの遊びを
その熱き想いを
今日中に実現させてやりたい!
と思い

遠回り大作戦で
「つぼみちゃんもダンボールのおうち作ろうか♪」
なんて話したら
無視し続けていた彼女が
「わたしもやろ~♪」とあっさり

「〇〇くん一緒にやろう~」
と泣いてる彼の元に誘いにいった様子
そのときの彼、
一瞬で満面の笑みに変わったそうな

鼻水垂らしたまま
うれしそうににんまりして
わたしに話しかけてくれた彼の顔

素直だなぁ~~~
とびっきり素直だなぁ
最高の笑顔でした◎

c0380279_23282671.jpg



こどもたちのそんな様子を縁側で涼みながら
母たちみんなで見守る午後

我が子の言動は母にとって
ときにものすごく心をざわつかせるのに
我が子ではないと
なんだかあったかく見守れる
ちょっと距離を置いて違う視点で見ていられる

その違う視点をもらえると
ホッとするわたし

母ってものすごい防衛反応が強くなるよなぁと
しみじみ思っていて
それって我が子を守らねば!という
動物的な感覚のような気がします

だから他人に我が子を批判されるのを恐れるし
恐れるから我が子の損するような行動が気になるし
そうなるとついつい
「なかよくね」
「まっててあげたら」
なんて声をかけざるを得なくなって
なんか違うってなったりして…

知らない親子がいっぱいの
児童館や公園とかで遊ぶのがしんどいときもあったなぁ
あくまでわたしは。ですが…

入園前に
つぼみクラスでの半年間で
お互いのこどもたちの特性を見守ってきたこと
これが大きな安心感を与えてくれています

我が子が遊ぶ相手の子のことも
その子のお母さんのことも
家族のことも知っている

これってものすごくいいなぁ

こどもたちが真ん中にいて
それを母たちが見守っていて
それをお父ちゃんが見守っていて
最高です


こどもたちも
安心できる母の元からちょっと離れて
新しい世界に来て3ヶ月
(我が子はまだ一緒ですが…笑)

なんだか次なる殻を破ろうとしているのか
新しい自己表現のお試し期間なのか
自分の力を試しているのか
うまく説明できないけれど
やっぱりなんだか殻を破ろうとしているみたい

そんなタイミングでの
来週のお泊まり保育はどんなドラマがあるかなぁ


今日はカメラを忘れて携帯だったので
写真が乏しく…

ついつい文章がどえりゃー長くなったので
やまぼうしファンだけど長文は読まない派の旦那弟は
きっともう読んでいないはず

長くなりましたが
要はわたしが縁側トークが楽しかったという
ただそれだけでした(*‘∀‘)


今日の絵本

「でてくるでてくる」
「ぐるぐるせんたく」
「ぐるぐるカレー」
「ナメレオン」
あと一冊なんだったかな…


・・・じゅん・・・


[PR]
# by yamaboushi2017 | 2018-07-10 23:41 | やまぼうしクラス | Comments(0)